FC2ブログ

早期退職の経済学 「今、退職」は損か得か? - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

早期退職の経済学 「今、退職」は損か得か?

日経ビジネス2012.6.18号の特集は「早期退職の経済学」でした。

1.転職先は見つかるか
2.生涯年収はどうなるか
3.自営・独立は現実的か
4.アーリーリタイアは夢か
5.年金はどのくらい減るか
→では、会社に残れば幸せか?


といった構成になっています。
不動産収入によるリタイア(経済的自由)を目指している私としては、
「3.」に不動産賃貸業の事例が出てくるかということと、
「4.」「5.」が気になりました。


結論を言うと

「3.」に不動産賃貸業の事例は有りませんでした。
事例として出てくるのは「○○コンサルタント」や「喫茶店」などで
「開業者の5割は1年以内に廃業」とのこと。

「4.アーリーリタイア」は
45歳から90歳まで働かずに生活するには5300万円必要とのこと。
ただし、車無し・子供無し・娯楽無しの「清貧モデル」で、
かつ、年金が19万円/月でるとの前提です。
また、話題の「年金での海外生活」については費用や文化面の問題から、
海外暮らしが1年続くのは1割程度とのこと。

「5.年金はどのくらい減るか」は
50歳から国民年金に切り替わると、
平均標準報酬額50万円の場合で約35万円/年の損とのこと。

この特集の結論としては、
早期退職は損だが、職場環境が過酷化する場合もあり、
「結局、会社を辞めるか残るか、どちらを選べば幸せかという命題に答えはない。」
としています。


私としては、
勤め人をやめることの損が不動産収入に比べると軽微である、
「不動産賃貸業」は日経ビジネスに認知されるほどメジャーではなかった
(あるいはリタイア成功事例として特集に不都合だった)、
の2点が分かったので良かったです。
関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

Re: No title

蒼穹さま

こんばんは。おげんきですか。

先行者利益確保でリタイアできるのが早いか、
新規参入がどっと来て物件値上がりするのが早いか、
金利が上がって本来の資産家だけの投資になるのが早いか。

いそがなきゃ!

2012-06-25 22:46 | from 2等航空整備士きよし

No title

メジャーな出版社でも賃貸業が認知されていないとは、本記事のシナリオにあわなかたっかというのもあるでしょうが、全業種からみれば賃貸業はマイナーな業種なのでしょうね。
あるいは最近の融資事情が厳しくなって、参入しにくくなったのも一因かな。
いずれは認知される時期が到来するでしょうから、今のうちに先行者利益を確保したいものです。

2012-06-23 09:02 | from 蒼穹

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/200-242d8bf0

まとめtyaiました【早期退職の経済学 「今、退職」は損か得か?】

日経ビジネス2012.6.18号の特集は「早期退職の経済学」でした。1.転職先は見つかるか2.生涯年収はどうなるか3.自営・独立は現実的か4.アーリーリタイアは夢か5.年金はどのくらい減るか→

2012-06-21 19:49 | from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。