FC2ブログ

金融庁、住宅ローンを検査 - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

金融庁、住宅ローンを検査

日経新聞朝刊2012年2月17日号の記事
「住宅ローンを検査」をご紹介します。
====<記事抜粋ここから>======================
 金融庁は全国の銀行を対象に住宅ローンに照準を絞った検査に乗り出した。貸し倒れが増えるなかで、過度な低金利競争を抑制する狙い。損失に備えて十分な貸倒引当金を積んでいるかや、損失が膨らんだ際に財務の健全性を維持できるかを中心に点検する。
 日銀によると住宅ローンの貸倒率(09年度)は約0.4%。07年度の0.03%から急上昇した。一方、10年度の大手銀行の住宅ローンの利ざやは0.1%、地域銀行で0.5%。住信SBI銀行など、住宅ローンの新規融資から撤退する銀行も出てきた。
====<記事抜粋ここまで>======================

上記の記事を読んだときにまず気になったのは、
住宅ローン金利が上昇し、
それがアパートローンにも波及してくることでした。
金利だけでなく融資態度にも影響するかもしれませんね。

つまり、
融資が厳しくなり、
物件利回りが上昇するかもと思いました。


しかし、
住宅ローンが借りにくくなる→
やむを得ず賃貸派が増加
の流れから賃貸経営環境にはプラスに働きそうです。

いままでぎりぎり住宅ローンが
借りられていた層(=年収500万円以下)を想定すれば
家賃6~10万円程度の賃貸に好影響がありそうです。
関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/191-078acaaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。