FC2ブログ

デジカメを買い換えました。不動産投資家に最適なコンパクトデジカメはコレだ! - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

デジカメを買い換えました。不動産投資家に最適なコンパクトデジカメはコレだ!

最後にデジカメを買ったのは・・・
7年前、ニコンの乾電池対応製品でした。
記録メディアはコンパクトフラッシュ。
32メガのカードにで30枚程度しか保存できませんでした。

このカメラが
二歳の娘の度重なる攻撃に音を上げ、
ついにお亡くなりになりました。


新しいカメラを購入するにあたっては、
もちろん不動産物件撮影を最優先課題として選定しました。
スペックの優先順位は下記の通りです。

1)広角
  →室内撮影で広い範囲が写るように
2)明るいレンズ
  →コンパクトカメラのフラッシュの光量は少ないです。
   フラッシュ無しで撮れる範囲が広い方が良い。
3)コンパクト、軽量
  →遠隔地物件が多く、物件確認のためだけに出かけることはほとんどありません。
   他の用事と抱き合わせのことが多いため、負担にならない大きさが良い。
4)ソニー、カシオは却下
  →何となくこのブランドは嫌い。

約1ヶ月考えた末選定した2機種が、
 Panasonic LUMIX DMC-FX77

 CANON IXY410F

最終的には、
嫁さんの「何となくパナよりはキャノンの方が・・・」
の一言でCANON IXY410Fに決定しました。
CANON IXY410Fの主なスペック
 ・24(W)-120mm(T)の5倍ズーム。広角側24mmは貴重。
 ・F2.7(W)-F5.9(T)の明るいレンズとISO6400相当の高感度センサ。薄暗いときにはローライトモードで撮影可。
 ・バッテリーおよびメモリーカード含みで約141g。
 ・起動時間約1.3秒。

  


発売当初(2011年2月)はこれくらいの値段で売っていたようですが(今でもありますが)、
ここまで値下がりしています。
私も下記の店で買いました。



なお、
後継機種の600fは広角側が一般的な28mmとなっており、
メーカー在庫がつきる前に早めに入手することをオススメします。
関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/179-2c0da86a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。