FC2ブログ

保証会社による訴訟体験記(その3)~意外な結末に・・・ - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

保証会社による訴訟体験記(その3)~意外な結末に・・・

三ヶ月滞納で追い出し訴訟に踏み切る
北九州物件203号室の続編です。

前回記事はこちら
http://publicservant.blog6.fc2.com/blog-entry-137.html


管理会社さんからメールが来ました。
「203号室退去予定日H23.2.20」
とのこと。

4月くらいに強制執行することを想定していたので、
第一印象は「えらい、はやかったな」でした。

11月の弁護士さんからの電話以降、
訴訟に関する情報が入ってきていなかったので、
念のため管理会社さんに確認すると、
「H23.1.21に第1回の口頭弁論の予定だった」
とのことでした。

つまり
裁判所の呼び出しにびびって降参(敵前逃亡?)
してきたと言うことですね。

今までの
電話・訪問催促や
解除通知送付は
ただの脅しと高を括っていたのでしょうか。

繁忙期に募集ができそうで良かった、
と思う反面
せっかくの機会に追い出しまで体験できず残念、
とも思いました。



203号室は
5~7月分家賃を保証会社が立て替え、
8~10月分家賃を保証停止となり、
計6ヶ月の滞納がありました。

この段階で、
訴訟に先立ち「解除通知」を
送付したわけですが、
実は、11月に、
8月分家賃が入金されてきました。

しかし、
3ヶ月滞納状態は変わらないため、
そのまま訴訟手続きは進んでいたのです。

また、
退去したからといって
「滞納家賃(=保証会社への負債)」が
チャラになるわけではなく、
保証会社からの取り立ては続くものと思われます。

このあたりのことについて、
新しいことがわかりましたら
また報告します。 不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
「203号室退去予定日H23.2.20」でしたが・・・




夜逃げされました。

家賃は保証されるので私に実害は無いのですが、
何か釈然としません。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/146-61861445

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。