FC2ブログ

金利上昇リスク対策について考える - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

金利上昇リスク対策について考える

私は一棟目物件、二棟目物件ともに、
変動金利で融資を受けました。

理由は、
一棟目は2007年の購入であり、
当時の経済状況では
変動金利の総支払額が
固定金利の総支払額を上回るほどの
金利上昇(5%以上が相当期間)することが
想定できなかったためです。

二棟目については、
変動金利でしか融資しない銀行でした。


ここに来て
日本の国債発行残高が増える一方で、
経済回復による税収増の望みも薄いことから
国債暴落(金利暴騰)が懸念されています。

また、
経済対策・デフレ対策として、
アメリカ、日本がジャブジャブお金を供給しています。
やり過ぎて
制御できないインフレになってしまうことはないのでしょうか。

いずれにせよ、
経済・為替・金利が
非常に不安定になってきました。


フルローンで返済がほとんど進んでいない場合、
金利が物件利回りを超えると
支払利子が家賃収入を超えることになります。

表面利回り10%の物件であれば
金利10%になった時点で
支払利子=家賃収入
となり、
元本返済や経費を考慮すると
確実にキャッシュアウトです。


今のところは、
借入時よりも金利が低下し
変動金利のメリットを享受していますが
今後は、ぼやーとしていると
あっと言うまに
キャッシュアウトまで担がれるかもしれません。


金利上昇に対するリスクヘッジはいくつか考えられますが、
次回から個々の具体策について、
詳細に検討していきたいと思います。

関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/129-94ffbc23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。