FC2ブログ

「長期金利低下1%目前」(日経新聞2010.08.04) - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

「長期金利低下1%目前」(日経新聞2010.08.04)

 日本は主要国で突出した財政赤字を抱えるが、目先は経常黒字を保っていることなどから国債が安全資産とみなされている。
 BNPパリパ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「成長分野にお金が回らず、国債に余剰資金が流れ込んでいる。財政悪化に警鐘を鳴らす機能が働かず、悪い金利安定が起きている」と指摘する。
===============================================================

河野氏の
「成長分野にお金が回らず、国債に余剰資金が流れ込んでいる。」
という金利低下の原因分析は昨日の三橋氏と同じですね。

金利低下の意味するところについて
三橋氏は
「低金利はもっと国債を発行して欲しいと言うサイン」
と肯定的なとらえかたをしているのに対し、
河野氏は
「悪い金利安定」
と否定的なとらえ方をしています。

そもそも、
国内金融機関は日本国債デフォルトのリスクを考慮していないと思います。
理由としては、
日本国債がデフォルトする時はどうせみんな倒産する
と諦観しているか、
最後は国が助けてくれる
と期待しているかのどちらかだと思います。

これが外国債券であれば、
デフォルトした時にみんな倒産するわけでも
日本国が助けてくれるわけでもないので、
リスクに見合った金利でないと購入しないことでしょう。


このように考えると
「もっと国債を発行してほしい」も「悪い金利安定」も
正しい気がします。

いずれにせよ、
国債発行総額はどんどん増加しますので、
持続可能な状態でないのは確かですね。

関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/114-07362ca6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。