FC2ブログ

超長期債へシフト(日経新聞2010.7.20) - 収益物件を遠隔操縦して悠々自適を目指すアマチュアパイロットのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!

超長期債へシフト(日経新聞2010.7.20)

 地方銀行や農林系金融機関などの国内投資家が年限が20年以上の超長期債の購入に動き始めた。

 20年債の利回りは16日時点で1.790%と、年度初めの4月から0.340%低下した。30年債利回りは1.855%で0.405%の低下となる。今年度に入って国内投資家が中期債から、長期債や超長期債に運用資金をシフトさせているためだ。

 とくに長期債や超長期債へのシフトが目立つのが地方銀行など。
==============================================

 地方銀行さんは本当に、30年もこんな低金利が続くと考えているのでしょうか。

 将来の国債下落は無視して、目先の「1.855%」だけを追求しているのではないでしょうか。
 融資先、運用先がなくてやけくそになっているだけでは?

 ※年限が長い債券ほど利回り上昇による価格下落は大きくなりますので、リスクが大きくなります。
関連記事
不動産投資ブログランキング参加中!ポチ感謝!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://publicservant.blog6.fc2.com/tb.php/107-979f43d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。